赤ちゃんのシャンプーをするときは基本的には大人のシャンプーと大きな違いはありません。
まず目の粗いブラシや櫛で髪をといてあげましょう。やわらかいブラシを使用すると赤ちゃんの頭皮マッサージにもなりますのでお勧めです。ただし赤ちゃんの頭皮は敏感ですので毛の硬いブラシを使ったりあまり長時間すると肌に悪いので短めにしてあげましょう。

シャンプーをする前に頭をお湯で流してあげましょう。赤ちゃんの毛は大人よりも毛と毛の間隔が広くお湯を流してあげることで大抵の汚れを取ることができます。この工程でできる限りの汚れを取ってあげましょう。また、流してあげるお湯の温度は大人よりも一回り低い30度程度のぬるま湯がベストとなります。あまり熱すぎるお湯を使うと頭の皮脂を取りすぎてしまいますので注意が必要です。

シャンプー中は決して指を立ててはいけません。指の腹の部分を使って撫でてあげるように、マッサージをする感じでしましょう。泡立てるのは必ず手の上で泡立ててからつけてください。頭の上で泡立てると敏感な赤ちゃんの肌はすぐに痛んでしまいます。
最後に洗い流した後ですがタオルだけでなくきっちりとドライヤーを使って乾かしてあげてください。